まずはお見積り

家

国内で被害が報告されているシロアリは大きく3種類に分けることが出来ます。1つ目はヤマトシロアリという種類です。ヤマトシロアリは女王アリクラスで15mm程度です。寿命が長く、生きている間は卵を産み続けるのです。生息地域はほぼ国内全域になります。そして2つ目にイエシロアリという種類があります。イエシロアリはヤマトシロアリよりも大きく女王アリクラスで40mmもの大きさになります。平均寿命はヤマトシロアリと同程度で、比較的温暖な地域に生息しています。この種類は水分を運びながら移動することが出来るため、家屋に大きな巣を作ることが出来ます。そのため建物への被害はかなり大きなものになるのです。そして、3つめの種類にアメリカカンザイシロアリという種類が存在します。この種類は外来種のシロアリで、輸入材木に生息していたものが国内で繁殖したとされています。湿気が少ない場所を好み、被害のスピードはその他のシロアリに比べて遅いのが特徴です。そのため、なかなか変化に気づくことが出来ず、気づいた時にはかなりの被害になっていたというケースも多いのです。

自宅にシロアリが発生している可能性がある場合は、白蟻消毒を行なうのが最も効果的です。白蟻消毒を行なう際には、まずは専門業者に無料調査を依頼してみましょう。業者にもよりますが調査だけであれば無料で行なってくれることも珍しくありません。無料調査でわかるのは、シロアリの種類、被害の大きさ、巣の有無、巣の大きさ、白蟻消毒が必要かどうかなどです。無料調査の報告を受けた段階で、白蟻消毒が必要な場合は業者側から見積もり書が渡されます。見積もりの内容に納得がいけばそのまま契約し、作業を始めてもらいましょう。シロアリ対策は早い段階ですることが大切です。早めに行動を起こしましょう。