専門性の高い駆除方法

ベッド

ノミは人や犬、猫などの哺乳類に寄生し血を吸う害虫です。国内で害虫被害の相談が多いノミの種類としては、ネコノミとイヌノミがあります。それぞれの大きさは2ミリから3ミリ程度で肉眼で確認することが出来ます。主にペットに大量発生することがあり、そこから人に害が広がるケースがほとんどです。ネコノミ、イヌノミとありますが、それぞれ犬にも猫にも寄生します。ノミの卵は産み落とされてから、わずか2日で孵化し、2週間程度で成虫になります。そのため一度発生してしまうと一気に増殖してしまいます。

ノミの卵は暑さに弱いという特徴があり、猫や犬の身体に産み付けられた後は、畳や床下などの落下した場所で孵化します。そのため、ダニがいるとも知らずにその部分に触れてしまうとノミに噛まれてしまうのです。ノミは基本的に年間を通して発生しますが、中でも7月から9月の夏場は特に発生数が増えるため注意しましょう。一般的に知られていませんが、ノミは幼虫、成虫によって駆除方法が異なります。自分では正しくノミ駆除をしているつもりでも、効果がないこともあるのです。

ノミ駆除専門業者に依頼をすれば、しっかりと幼虫と成虫に合わせて効果的なノミ駆除対策を施してくれます。ノミの幼虫は基本的に畳間、カーペット、ペットのゲージなどに存在しているため、その場所を徹底的に掃除し、綺麗にした後に幼虫専用駆除殺虫剤を散布します。成虫の場合は市販されているアイテムよりも効果の高い、業者専用の駆除アイテムを使用し駆除を行ないます。自分自身でノミ駆除を行なうことが難しい場合はプロの力を借りてみると良いでしょう。